ダイエット知識

糖質の中で最も太りやすい糖とは?

こんにちは!

 

浜松パーソナルジムMIRIZ(ミライズ)のボディメイク・プランナーの山村拓也です。

 

今日、糖質を控えるダイエットがとても流行っていますね。

 

しかし、炭水化物好きな方や甘いものが大好きな方は完全に糖質を控えるのはとても辛いですよね。。

 

そんな方はせめて太りやすい糖質と太りにくい糖質を理解しておきましょう‼️

 

GI値を理解しよう!
糖質を体内に入れると血液中の糖の数値(血糖値)が上がります。
それによりインスリンといわれるホルモンが分泌され血糖値を下げるのです。
インスリンは中性脂肪の合成を促進させてしまうので必要以上に分泌させたくありません。
そして、この血糖値の上がり具合というのは糖質の種類によって大きく変わるのです。
例えば、砂糖とお米の糖質量を同じだけ摂取した場合、お米の方が血糖値をあげません。
白米より玄米
うどんよりそば
じゃがいもよりさつまいも
の方が血糖値をあげません。
これらを数値化したのがGI値というのです。
GI値はブドウ糖を100とし、GI値は低いほど血糖値を上げません。
GI値60付近の食品を摂ることが太りにくい食事のコツとなります
*上記のURLはGI値表になります。
GI値の次はGL値
GI値は全ての物を同じ量で計算されています。
ただ普段、砂糖をお米と同じ量とりませんよね?
そこで、日常皆さんが摂るであろう量から血糖値の上がり具合を測った数値をまとめたのがGL値になります。
要は、GI値が低い食べ物でも食べ過ぎてしまえば、結局は血糖値を上げてしまうということですね😓
果糖には要注意
先程GI値のお話をしましたが、GI値が低ければ低いほど良いと言うわけではありません。
フルーツはGI値がとても低いです。
確かに血糖値をあまりあげません。
た〜だ、
フルーツに含まれている果糖(フルクトース)という糖は最も中性脂肪を蓄えてしまうのです。。
更にこの果糖が一番含まれている食品は、
蜂蜜
になります。
フルーツの何倍もの果糖が含まれているので食べすぎは大変良くないですね。
また、一番太りにくい糖質というのは乳糖(ラクトース)になります。
乳製品に含まれる糖にはなるのですが、お腹をくだしやすい方は控えてくださいね。
まとめ
・糖質によっての血糖値の上がり具合を測ったGI値を把握しよう。
理想はGI値60付近の食品を摂る
・玄米やさつまいもがGI値60だとはいえど食べすぎは良くない(GL値)
・果糖は太りやすい、乳糖は太りにくい

*******************

浜松パーソナルジムMIRIZでは、ボディメイク専門ジムとなっております。

トータルダイエットはもちろんのこと、

美尻、くびれ、美脚(男性なら厚い胸板、漢らしい背中)など様々なご要望にお応え致します。

是非無料体験にお越し頂き、パーソナルトレーニング、やまむらたくやという人間はどんなもんなのかなと確かめてみてください!😌

 

↓↓↓店舗情報↓↓↓

 

メールアドレス t.t.h.miriz@gmail.com

電話番号    053-548-4411

インスタグラム

アカウント   miriz.gym

*******************

OPENING CAMPAIGN

60分無料体験実施中!

MORE
この記事を書いた人
山村 拓也
MIRIZ代表/パーソナルトレーナー

父が警察官であることから、小さい頃から大学2年まで警察官を目指しておりました。
長年に渡って憧れていた警察官の夢を変えてまでパーソナルトレーナーになることを決心し、そして、パーソナルトレーナーになるからには専門学校出身のトレーナーより何十倍もの勉強をすると誓い日々精進致しました。
その頑張りが報われたのか、某大手パーソナルジムに勤め始めて一年で、支持率全国NO.1トレーナーに輝くことができました。
浜松のトレーナーの中で唯一、ボディメイクコンテスト入賞実績もございます。
パーソナルトレーナーとして、楽しく、心のサポートも大切ではありますが、一番は何と言っても結果に拘ってやらせて頂いております。
皆さまの結果が出るために最適なプログラムをアプローチ致します。
CATEGORY
無料カウンセリングから始めよう
無料カウンセリング予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

※お客様トレーニング中は電話に出られない場合がございます

053-548-4411