MENU

NEWS&TOPICS

落とした脂肪はもうつけない!リバウンドしない!!

糖質制限ダイエットをされて

せっかく体重が減ったのにリバンドしてしまう原因

 

■糖質制限ダイエットでの食事にプラス炭水化物を食べてしまう

■なんでも好きな物を連日食べ続ける

 

こんにちは浜松パーソナルジムMIRIZトレーナーユイです。

 

日々の食事コントロールをクリアして

ダイエットされた方なら

リバンドしない食事法を理解すれば

この先も体型をキープし続ける事ができます

 

「糖質制限ダイエットをされた後の普通食へ戻し方」

知りたい方は

是非最後まで読んでください

 

★低GI食で脂質制限食へ

糖質制限で一旦落ちた体重を

体は戻そう、戻そうと

食欲を出してきたり、

我慢していた糖質を止めどなく食べたくなってしまうのは

体の自然な反応です

 

コントロールしていくために

▶︎脂身、揚げ物、バターやチーズ

生クリームなど乳製品はまだ避けましょう

 

▶︎肉は脂身の少ない鶏胸肉やささみ、牛赤身

魚介類、大豆製品をメイン料理に選び

たんぱく質を摂る

 

▶︎炭水化物は玄米やオートミールなど

低GI(糖吸収スピード)であり

食物繊維の多い物を選ぶ

白米にもち麦や雑穀を混ぜるのもオススメ

 

え?ずーっとこんな食事続けるの?

安心してください。

時間をかけて戻していくことで

食べたいもの食べれる日が来ます

 

【ステップ1 】■糖質制限ダイエット後〜4週間くらい

▶︎朝もしくは昼食に主食を追加

 

ここで選択する主食は

低GI値

玄米、雑穀米、冷やし白米、オートミール、7割以上の蕎麦

さつまいも、バナナ

 

▶︎糖質摂取量:一食あたり体重×1g以内

おかずは低脂質な物を選択

 

【ステップ2】■4週間後〜6週間

▶︎主食を朝と昼2回追加

ここでも選択する主食は低GI値を意識

 

糖質制限ダイエット後にリバンドしないためのステップをご紹介しました

 

脂質制限をベースに6週間以降も食事をコントロールできると

リバンドせずに体型をキープできていきます

 

👉リバウンドしないポイント

「糖質+脂質」は太る原因

 

例えば

カツ丼、天丼、ラーメン、ケーキ

焼肉+白米や冷麺+デザート

 

👉食べ過ぎても48時間まで

例え食べすぎてしまったとしても

すぐには脂肪にいはなりませんので

何日も食べ続けないことが大切です

 

最後に

食事のコントロールや知識を身につけることは

ダイエットだけじゃなく

この先一生使える体づくり、健康でいるためにも繋がってきます

実践をし、知識だけじゃなく

「自分のもの」にしていってもらえる事を

パーソナルトレーニングのセッションを通して

トレーニングと一緒にお伝えしたいと思っています

浜松パーソナルジムMIRIZでは、ボディメイク専門ジムとなっております。

トータルダイエットはもちろんのこと、

美尻、くびれ、美脚(男性なら厚い胸板、漢らしい背中)など様々なご要望にお応え致します。

是非無料体験にお越し頂き、パーソナルトレーニング、やまむらたくやという人間はどんなもんなのかなと確かめてみてください!😌

 

○無料体験お問い合わせ○

 

https://miriz-gym.sakura.ne.jp/wp22-2/contact

 

↓↓↓店舗情報↓↓↓

 

メールアドレス t.t.h.miriz@gmail.com

電話番号    053-548-4411

インスタグラム

アカウント   miriz.gym

記事を書いた人
ノリカネユイ

norikane yui

トレーナー

はじめまして!
MIRIZパーソナルトレーナー
ダイエット担当則包 優衣(ノリカネユイ)です

3歳からクラシックバレエをはじめ
HOPHOPやJazzDanceなど
ダンスばかりしていた子供時代。
10代になるとリリックを書きはじめ
北海道を拠点にラッパーとして
15年間活動してきました!

今ではメリハリボディに憧れて
日々筋トレに励んでいます!
最後の晩餐は「世界一のチョコレート」
と決めていたほど甘党の私。。
食べないダイエットではなく
必要な分だけ食べるダイエットによって
長年悩んでいた止まらない食欲のゴールを見つけたと思っています!
筋トレによって変わってくボディーラインが嬉しく、年齢に関係なく自分史上最高を超えていくことのできるボディメイクに可能性を皆様にお届けできたらなと思っております😊
楽しくトレーニングをすると
不思議と食の誘惑にも負けくなるんです!
今日の自分はどうだったか?
達成感で一杯な日も
罪悪感がある日もある
ダイエットには終わりがない
この先もずっと続いていく
1人じゃ辛いダイエットも共に楽しく
トレーニングを生活の一部にしていけるようにお手伝いができることを楽しみにしています😊
ダイエット知識 その他の記事